県向け税務システムのクラウド提供をトリガーに地方税業務のデジタルトランスフォーメーションを推進

  • TOP
  • SOLUTIONS
  • 県向け税務システムのクラウド提供をトリガーに地方税業務のデジタルトランスフォーメーションを推進
課題
個別の開発と運用保守による業務面、コスト面の負担が大きい

都道府県の税務システムは、これまで各お客さまが個別に構築を行ってきたことで、開発や運用保守、さらには毎年の税制改正に対応するための業務負担やコスト負担が大きくなっています。県税業務は地方税法に則り、課税・徴収事務を行っているにも関わらず、お客さま毎に個別仕様を取り入れたシステム開発を行ってきたことや、一つのシステムを長く使い続けるが故に、システムの肥大化・複雑化が発生していました。その結果、システム維持・運用コストが押し上がると共に、事務手続きやシステム保守業務の複雑化等が発生しています。そのため、少子高齢化による職員の不足が見込まれているにも関わらず、税務業務に多くの職員を必要としています。このような状況を解決するため、NTTデータは、県向けシステムを共同利用型のクラウドサービスとして提供することで、職員負担やコストの大幅な低減を実現します。

pre'xco®システム図
クリックで拡大します。

共同利用型のクラウドサービスで導入、運用負担を低減

NTTデータが、2021年3月より提供する県向け税務システム「pre'xco®(プレコ)」は、県税の課税、徴収等に必要な機能をクラウドで提供するサービスです。「prefectural tax community」を由来としています。お客さまと納税者、ご利用のお客さま同士を税の仕組みでつなぎ、より豊かで調和のとれた税務サービスを提供していくことを目指して名付けられました。
開発にあたっては、NTTデータが20年以上にわたり多くのお客さまで培った県向け税務システムの構築、その運用経験をもとに、県税事務全体の業務を分析・再設計し、最適な業務モデルの構築を実現しています。「pre'xco®」をノンカスタマイズ・共同利用で導入・利用することにより、お客さまはシステムの運用保守だけではなく、機器の調達や管理などにかかる手間やコストを削減することが可能になります。また、「pre'xco®」はインターネットから切り離されたLGWAN(総合行政ネットワーク)や堅牢なデータセンタを利用することによってサービスを提供するため、高度なセキュリティや業務継続性が確保されています。

業務フローの改善も実現、税制改正対応も徹底的に負担軽減

「pre'xco®」は、県向けシステムの精緻な分析により作成した最適な事務フローに従って提供しているため、業務品質の改善や効率化も実現しています。また、毎年の税制改正については、「pre'xco®」を利用するお客さま同士で対応方法等を一緒に検討することにより、個々のお客さまに係る税制改正対応といったご懸念、ご負担を大幅に軽減します。さらに、「pre'xco®」の定額の利用料金には、「pre'xco®」としての税制改正対応費用も含まれているため、これまで必要であった毎年の税制改正に係るシステム改修の予算も削減することが可能になります。その上、お客さま毎に困っていた税務業務上の課題などについて、お客さまを跨いだ職員同士の情報共有や相互支援を可能とする仕組みも提供することで、コミュニティ形成を通じた生産性向上、省力化を推進します。

県税業務を標準化し、税務業務に係る周辺サービスとの連携を強化することで、エコシステムとしてより良い税務サービスを実現

NTTデータは「pre'xco®」をトリガーとして、税務業務を標準化することにより、市町村や中央省庁、金融機関、民間のサービスとの連携を深め、エコシステムとしてより良い税務サービスを実現するプラットフォームとする将来像を描いています。将来像に向けて、様々なサービスとの連携拡大を実現することで、税務業務の電子化・自動化、ひいては行政のデジタル化を推進していきます。
NTTデータは、「pre'xco®」を通じ、お客さまと納税者がともに利便性を享受できる社会の実現を目指しています。